HOME>アーカイブ>権利を侵害せずにお店で音楽をかけたいのなら

商用利用が可能なサービス

機材

普通の店で買えるCDに入っている曲や、ネットショップでダウンロード購入できる曲は、個人利用しか許されていません。そのため、自身が営業するお店で、そのような曲を利用しては違反となってしまうので気をつけましょう。権利を持つ方に許可をとればよいのですが、わざわざ申請するのは面倒ですし、かなりの料金が必要となります。もしも、絶対に使いたい曲があるのではなく、店内環境のために音楽をかけたいだけなら、さまざまなジャンルを楽しめる有線放送を利用しましょう。ビジネス向けの有線放送を利用すれば、権利の問題はクリアとなるので、毎日ずっとお店で音楽をかけたとしても問題になることはありません。

ジャンルのチェックをしよう

機材

有線放送を提供してくれる会社はいくつかあって、取り扱っている音楽はそれぞれ異なります。そして、プランによっても異なるので、自身のお店で利用したいジャンルの音楽を用意してくれている有線放送を選定しましょう。歌入りの音楽はもちろん、クラシックやインストゥルメンタルなど、さまざまなジャンルがあるため、お店にピッタリのものが見つかるはずです。それぞれで提供されているジャンルを調べたいのなら、公式サイトを訪れればリストで確認できます。

費用をチェックして申し込み

音符

有線放送は月額料金ですが、それ以外に初期費用がかかるケースが多いので、きちんと確認してから契約しましょう。会社やプランによって料金は異なるので、まずは公式ウェブサイトで資料請求をして確かめることをおすすめします。料金以外にも契約するうえで必要なことが詳しく載っているので、各有線放送の資料をじっくり比べてみましょう。もしも、選択を失敗しても乗り換えればよいだけなので、とりあえず導入してみるのもよいです。

広告募集中